It’s been a long time since the last post. So I am back and ready to be posting blogs again!

One of the recent topics which I was worrying about was an American underwear brand was going to take the name “KIMONO” and use it to market a certain type of new underwear.

Although in the end, it was decided not to use the name. What a big relief.

When I heard that news first, it reminded me of UGG boots. In Japan, UGG boots are a famous American boot brand; however, ugg boots were originally just a name of that type of boots made from sheepskin that were popular in Australia and then the world. No matter what brand make ugg boots, they are just ugg boots. But no longer can anyone advertise their boots as ugg boots because the name is registered. What pity it is!

I was afraid that this would happen to the Kimono as well, but now relieved it did not happen.

Let’s hope KIMONO can be just Japanese traditional clothes forever.

What are some products that come from household names that you can remember? Let me know in the comments below.

 

 

Intermediate

ブログを読(よ)んでくださっているみなさん、おひさしぶりです。

もどって来(き)ました! また、よろしくお願(ねが)いいたします。

最近(さいきん)のニュースで気(き)になっていたのが、アメリカの下着(したぎ)ブランドが新(あたら)しい名前(なまえ)をKIMONOにするというものです。

結局(けっきょく)、KIMONOではなく、新(あたら)しい名前(なまえ)にすることになって、ホッとしています。

初(はじ)めてこのニュースを知(し)った時(とき)、UGGブーツのことを思(おも)い出(だ)しました。日本(にほん)でUGGブーツと言(い)えば、アメリアの有名(ゆうめい)ブランドですよね?でもオーストラリアでは、あのスタイルのブーツのことを言(い)います。どこのブランドが作(つか)っても関係(かんけい)ありません。すべてUGGブーツと呼(よ)びます。でも今(いま)では、どのブランドもUGGブーツという英語(えいご)を使(つか)うことができなくなりました。

KIMONOが永遠(えいえん)に日本(にほん)の伝統的(でんとうてき)な着物(きもの)であり続(つづ)けますように!

 

 

 

Elementary

みなさん、ただいま!

またブログをはじめます。よろしくおねがいします。

あるアメリカのブランドのしたぎが KIMONOというなまえになるかもしれませんでした。

なまえがKIMONOにならなくて、よかったです。